キレイモが人気がある理由

脱毛器、脱毛サロン、クリニックの違い

家庭用脱毛器

 

「とても安い脱毛器があるけれどどうでしょうか?」
と質問をうけることがありますが、よほど用途を限定している人やムダ毛が薄い人を除いては、ほとんどの場合は期待はずれのようです^^;

 

もし脱毛器を買うのなら、ムダに勉強代を払ってしまわないように、

価格に対して相応の満足感が得られる商品

 

を選ぶべきですね!

 

高いといっても、もちろんうんと高いものでなくても良いのです。

 

例えば、使用場所が限定されていたり、効果の薄い商品にお金を払うのでは意味がありません。

 

何が必要かは人それぞれですが、効果のある確かな脱毛器を選んでおけば、
とりあえずは大失敗(泣)ということはないと思います。

 

 

サロンとクリニックの違い

脱毛サロンでの施術
キレイモやミュゼ、銀座カラー等の脱毛サロンとクリニックの相違点で多い意見が、キレイモ等の脱毛サロンの大多数は光脱毛で、クリニックは基本レーザー脱毛という点でしょう。

 

脱毛の効果としたら、レーザー脱毛の方が効果が優れていますが、強い痛みで、料金も高いのです。
しかも、クリニックと言えど、100%の安全が保証されているわけではないので、そのあたりは念頭に置いておくべきです。

 

 

サロンと脱毛器どっちがいい?

脱毛をサロンで行なうか、脱毛器を購入するかどちらが良いかといいますと、各人の周囲の環境によって最善のものは変わります。

 

でも、仕上がりの綺麗さ等を考えると、キレイモ等の脱毛サロンからあまり離れていないところに住んでいるなら、少し面倒な脱毛器を利用するよりも脱毛サロンをつかってて、脱毛処理をするのがオススメです。

 

最近話題のキレイモは、

  • 痛くない
  • 冷たくない
  • 勧誘しない

というので人気があります。

 

料金も他のサロンと比較すると結構お得な設定になっているようです。

 

参考サイト >> キレイモの人気の秘密

 

 

綺麗になるためにはサロン通いも苦にならないって人にはキレイモのような脱毛サロンはオススメ。

 

 

逆に、ムダ毛の処理を自宅で行いたい場合は、家庭用の脱毛器を利用すること御勧めいたします。

 

ただ、脱毛サロンよりキレイに処理できる脱毛器は安いものはないかもしれませんので、時間をかけて検討しましょう。

 

 

 

オススメの脱毛器は?

お薦めの脱毛器といえば、脱毛サロンで扱っている光脱毛方式のもの。

 

出力調整できるから比較的どなたにでも合うという利点があります。

 

 

 

熱処理でムダ毛を焼き切るタイプは肌に近いところが残ってしまいますし、力を加えて抜いたりするのは加減が難しく、直接、肌に与える負担が大きいですし、脱毛後の発毛を抑える効果はありません。

 

やっぱり家庭用脱毛器なら断然光脱毛だと思います!

 

 

 

これだと、一般的なキレイモ等の脱毛サロンと同じ方式で肌質や体質に合わせた脱毛ができます。

 

 

 

厳密にいうと、サロンと同等かというと、そこはプロと素人の差があるのは否めませんが、生えてくる毛を減らせるのが光脱毛の最大のメリットだと思うのです。

 

それに、照射する光の強さを調整することで、繊細な部分への刺激を少なくしたり、逆に痛みをあまり感じないところは強めの出力で脱毛することもできます。

 

 

脱毛器使用時の注意点(生理とか)

手軽な脱毛器ですが、注意点として、脱毛前に行なうべき事は、

  • 肌をきれいに保ち
  • 肌荒れなどがなく
  • 炎症もない

ことが、最低限必要な条件です。

 

それから、生理中のお肌はとてもデリケートですから、脱毛はなるべく避けるようにしましょう。。

 

 

脱毛サロンに生理中に行ったとしても、お店によっては他の場所は施術してもらえると思いますが、肌のトラブルを防ぎたいのだったら避けた方がいいでしょう。
(キレイモは生理中も脱毛可能なサロンのひとつです。)

 

 

光脱毛と呼ばれているフラッシュ脱毛は、キレイモ等の脱毛サロンのみならずエステの脱毛コースにおいても一番使われている脱毛方法です。

 

原理としては、
特殊な光を肌にあてることにより、皮膚の奥にあるムダ毛を作り出している細胞組織にダメージを与えます。

 

 

光脱毛器は家庭用のものもありますから、光脱毛を自分の手で行なうことも可能でしょう。

 

レーザー脱毛より少ない痛みで済みますし、産毛のような薄い色の毛にも反応するのが最大の特長です。

 

 

泡脱毛って?

脱毛器のソイエやアミューレを使うと、泡脱毛という種類の脱毛ができます。

 

 

 

泡はムダ毛を絡めとってくれる役割をしていて、肌へのダメージは減らすことができ、痛みの抑制に繋がります。

 

 

持ちろん、どの部位でも可能という理由ではありません。
ムダ毛を引き抜く処理方法なので、痛みが我慢できないという人には注意が必要です。

 

処理の直後の気になる点としてはほとんどの人が肌が赤くなる沿うです。

 

 

他には、お風呂で使える脱毛器もあるんですよ。

 

湯船に浸かって毛穴が開いた頃に脱毛器で抜けば痛みがやわらぎますし、どんなに抜け毛が飛び散ってもサッとシャワーで流すだけです。
ただ、機種によっては電池消耗が早いケースもありますので、充電式の電池で使った方が経済的だと思います。

 

 

 

脱毛器でのトラブルを避けるためには?

脱毛するときに刺激が強いと感じたり、痛みを感じる場合は、脱毛前の下準備として、肌を保冷剤や濡れタオルなどで冷やしておくと痛みや刺激を抑える事が出来ます。

 

もし出力を調整できる脱毛器を使っているのなら、最初は弱めに設定するのも良いでしょう。

 

出力の強さは脱毛効果に比例しますが、痛みを耐えて脱毛していても、あとで火照りなどが出ることもありますし、途中でくじけてしまうのになるでしょう。
目いっぱい出力を下げても、ちゃんと効果が出る程度の出力は保たれていますので安心して頂戴。

 

時間はかかりますが、気長に続けていきましょう。

 

 

使用法をしっかり守って!

脱毛器は安全性をチェックしたうえで市場に出荷されます。
ただし、禁止されている部位や、本来の使用方法とかけ離れた使用によってやけどや炎症などの肌トラブルを招きます。

 

安全に脱毛ができるよう、使用上の注意点など同梱の冊子をしっかりと読んで、説明に沿った使い方をするよう心がけましょう。

 

とくに光脱毛タイプの脱毛器の場合は、説明書に書かれている方法を守ったほうが良いです。効果が遅れてやってくるので、説明書通りにしないと、つい使いすぎてダメージを与えてしまう場合があるからです。

 

さいごに、使用した器具のお手入れも説明書の通りに行なっておきましょう。

 

清潔な器具は安全の第一歩です。

 

綺麗になるどころか、肌を痛めちゃった、、
なんてことにならないように注意してくださいね^^

 

 

美顔器でお顔のお手入れ!

最後にちょっとだけ美顔器の話題を。

 

家庭用美顔器は、最近は様々なタイプが売られてて、エステティックサロンと同じようなお手入れが手軽にできるということで注目されています。

 

どれを買うか?ですが、これも

 

「どういった悩みを抱えているのか?」

 

によって、買うべきタイプが決まると言えます。

 

キャビテーションで、肌の深層部にある脂肪の塊を乳化状態にして分解するというわけです。
脂肪自体を減少させることになるので、鬱陶しいセルライトすらも分解することが可能なのです。

 

小顔エステの施術方法は複数ありますから、小顔エステを受けようと考えている人はその内容を比較検討してみて、どこに力点を置いているのかを明らかにすることが大事になってきます。

 

光美顔器について

光美顔器と称されているものは、LEDから生み出される光の習性をうまく活用した美顔器で、肌を構成する細胞を活性化し、ハリなどをもたらしてくれるコラーゲンの生成を促進してくれるというものです。

 

美顔ローラーについて

ローラー部分が金属で形作られている美顔ローラーは、手間なしで腕の立つエステティシャンが施術したのと同等の効果が期待できるので、頬のたるみの解消などには、すごく効果を発揮してくれます。

 

 

などなど、用途に合わせて利用すれば、美を維持するのにとっても効果的ですよ^^


このページの先頭へ戻る