日焼け止めを正しく塗って紫外線ケアをする方法

日焼け止めを正しく塗って紫外線ケアをする方法

日焼け止めクリーム

 

強い紫外線を浴びると肌のしわやしみ、たるみが増しますので、日頃からの紫外線予防が重要になります。

 

全く太陽光を浴びない生活をしているとビタミンDが欠乏しますが、紫外線を照射された皮膚は老いやすくなってしまいます。

 

 

お肌に紫外線を浴びすぎないようにすることが、スキンケアの基本として守りたいことです。

 

 

日焼け止めクリームの使い方

紫外線から肌をガードするために、日焼け止めクリームを使う人は大勢います。

 

というのも、紫外線から肌をガードするには、日焼け止めクリームの使用で事足りると思っている方が多いからですね。

 

 

ただ、適切なやり方で日焼け止めクリームを使わなければ、紫外線の影響を被らないようにしておくことはできません。

 

日焼け止めを一回にどのくらい使うかは、とても重要なことなんですね。

 

 

使用料をケチらないこと!

一度にたくさんの日焼け止めを使うと肌に負担になるのではないかと、使う量を減らし気味な人もいます。

 

日焼けどめクリームの使用量を減らすことで、1カ月あたりの消費量を抑えたいと考える人もいます。

 

でもそういった考えは注意が必要です!

 

 

一度にどのくらい使えばいいかは商品によってまちまちですので、
商品ごとに使う量をチェックする必要があります。

 

 

正しい使い方をすると使用量が多くなりすぎると思う方もいますが、紫外線をきちんと遮るために欠かせない分量といえます。

 

 

長時間、屋外で活動をする日は、状況によって日焼け止めを塗り直して、取れた分を補いましょう。


このページの先頭へ戻る