紫外線の影響を受けてしまったときの肌のケア方法

紫外線の影響を受けてしまったときの肌のケア方法

紫外線対策

 

紫外線対策としては、

 

  • 日焼け止めクリームを塗る
  • 紫外線を遮る帽子や日傘を時に応じて使い分ける

 

といったことが有効です。

 

 

ただ、万全の紫外線対策をしていても、紫外線が肌に及ぼす作用を0(ゼロ)にすることはほぼ不可能です。

 

 

紫外線の影響を受けてしまったら?

紫外線の影響を受けた時には、速やかなスキンケアを施すことが重要になります。

 

紫外線を浴びた皮膚はやけどに近い状態になります。

ですので、何はともあれよく冷やすことが大事です。

 

冷たい水を含んだタオルで、肌をしっかりと冷やします。

 

 

また、日焼けをした皮膚は刺激に弱くなっていますので、日頃使っている化粧品でも肌トラブルが起きるかもしれません。

 

いつも以上に基礎化粧品を使って皮膚をいたわったほうがいいような気もしますが、
日焼けの程度によっては、スキンケア用品の刺激が肌にはよくないこともありますので注意が必要です。

 

 

とはいってもですね、紫外線に接すると肌が乾燥します。

 

健康な肌を維持するためには肌を乾燥させないことが大切なので、「紫外線ケア」は必須になります。

 

 

肌へ負担をかけずにダメージケアをするには?

肌への負担をかけずに、紫外線でダメージを受けた肌をケアするために、低刺激で肌に浸透しないワセリンが活躍します。

 

 

注意点ですが、ワセリンによっては添加物が含まれている場合もあります。
添加物は肌にとってよくないので、無添加のワセリンを選ぶようにするといいでしょう。

 

 

そして、
ある程度肌のコンディションが戻ったら、今までの化粧水や美容液でのスキンケアに切りかえます。

 

 

ということで、

 

肌が日焼けによってダメージを受けていた場合は、
ワセリン等を使いながら回復を待ち、肌に負担がかからないようにしましょう。


このページの先頭へ戻る