体の内側からも必要な紫外線対策のためのケア

体の内側からも必要な紫外線対策のためのケア

紫外線対策に聞くビタミン(フルーツ)

 

当然ですが、紫外線はお肌によくないことは多くの人が知るところ。

 

ですので、紫外線予防に余念がない人は少なくないはずです。

 

 

紫外線予防や対策でスタンダードなのが、

  • UVカットの施された帽子や日傘を使う
  • 紫外線をカットするクリームを塗る

などの方法ですね。

 

でも、
体の内側からも紫外線のケアをすることで、さらに効果が高くなります

 

 

体の外側と内側からケアをすれば、より紫外線の影響を抑えられることでしょう。

 

 

具体的な体の内側からの紫外線対策

メラニン色素が肌にふえるとしみやそばかすが目立つようになりますが、これは紫外線の働きかけで多くなるものです。

 

体内に活性酸素がふえないようにすることが、紫外線対策では重要になってきます。

 

 

活性酸素の増加を防ぐ栄養分は?

活性酸素の増加を防ぐ栄養成分として、ビタミンA、C、Eなどの各種のビタミンがよく知られています。

 

ビタミンC

お肌を白く若々しい状態にしていたいという人は、抗酸化力が高く、メラニンの生成を阻害するというビタミンCが役立ちます。

 

ビタミンE

ビタミンEには抗酸化作用があり、紫外線から肌を守ってくれるので、こちらも摂取しておきたい栄養です。
活性酸素を消去して疲れたビタミンEをビタミンCが復活させてくれるので、ビタミンEとビタミンCを一緒に摂るとさらに効果的です。

 

ビタミンA

身体の酸化を防ぐ作用があるだけでなく、肌の健康を保つ働きがあるものが、ビタミンAになります。
肌が紫外線の作用で乾燥しやすくなった時も、ビタミンAを摂取することで乾燥対策の効果が期待できます。

 

 

こういった形で、サプリや食事で必要なビタミンを摂取しておくと紫外線に強い皮膚にすることができます^^


このページの先頭へ戻る